2010年02月05日

いかのおすし指導の実際に少しだけ安心

昨日、小学校1年生の息子が学校で「安全訓練」があったというので、「どんなことを教えてもらったの?」と尋ねてみました。すると、「怪しい人に気をつけることとか」というので、「ああ、やっぱりいかのおすしだ」と、もうちょっと詳しく聞いてみました。

「怪しいひととか泥棒とかに気をつけましょうっていうこと」と、かなりいい加減なことを聞いてきています。まさか子どもに「泥棒に気をつけましょう」とは教えないでしょう。「じゃあ怪しいひとってどんなひとって教えられた?」と尋ねると、案の定、「怪しいひととかあ...」と、具体的ではありません。「いかのおすし」の困った点のひとつは、誰でも「不審者」にしてしまうことです。現実には犯罪性のある不審者はごくごくわずかで、大半の「不審者」は単純に見慣れないひと、理解できない行動をしているひと、あるいはもっと極端には「知らないひと」でしかありません。ここをしっかりおさえないと、子どもの心から人間に対する信頼が失われてしまうと私は危惧するわけです。

実際、子どもに具体的に犯罪の匂いを嗅ぎ分けるよう求めるのは無理でしょう。大人にだってたいていはわかりません。「いかのおすし」は出発点から破綻していると思います。そこで、私は息子に、「じゃあ、怪しいひとってだれ? 知らないひとはみんな怪しいひとなの?」と重ねて聞きました。すると息子は、「ちがうちがう、誰でも疑ったらあかんねん」と言いました。そのように学校で教えられたと。

では、どういうときに気をつければいいのかと聞いてみたら「しつこく聞いてくるときは気をつける。それから、どんなときでもこのくらい離れる」といって両手をいっぱいに伸ばしました。

これは正しいと思います。最初に疑いありきではなく、普通に対応して、それが尋常でなければ用心するというのは、何も「いかのおすし」を持ち出さなくても常識的な行動です。そして、他人に対してある程度の物理的な距離を置くというのは、安全のためでもあるし、礼儀の上でもそうあるべきことでしょう。

このブログでは「いかのおすし」教育の弊害をしつこく繰り返してきましたが、実際に息子が報告したように過剰な危機意識を子どもに植え付けるのでない「安全教育」なら、まあそれほど害はないのかなと、少し安心した次第です。もっとも、だからといって「いかのおすし」の奇妙さがなくなるわけではないのですけれど。

posted by 松本 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。