2009年12月03日

「いかのおすし」の「永遠の嘘」

以前のエントリでSue Scott教授の「Swings and roundabouts」をとりあげたときから、どうにも気になって仕方ないことがあります。それは、この記事中にScottish Daily Mail紙からの引用として、
子どもをもつ親の心配と統計的確率の間のこの明白なギャップを、無知や愚かさを示すものだと考えるのはいかがなものか。
と書かれていたことです。

Scott教授は、この指摘に関して、
信頼できる研究がない以上、親たちがリスクを「現実的に」推し量れていないと考えることはできない。仮に親たちが危険を真剣にとらえていない場合には、他人から愛情が足りないとか無責任だとか見られる危険を冒すことになる。親たちは、「知らない人」に自分の子どもが性的暴行を受けたり殺されるような事態が統計的にごくわずかの確率でしかないことを知っているかもしれない。これは、宝くじを買う人々の動機を裏返したものだと思えばいい。宝くじに当たる確率は、非常に小さいかもしれない。けれど、「ひょっとしたら」と思うから、宝くじは売れる。被害にあう確率は非常に小さいかもしれない。でも、「ひょっとしたら」。
と、説明しています。

つまり、親たちは、被害にあう確率が低いことを知らないほど無知ではないかもしれないけれど、周囲の目を気にして心配をするようになるし、さらに、どんなに確率が低くても絶対に被害にあいたくないから心配をするのだというわけです。

それはそうなのかもしれません。けれど、私はこのあたりを読んでいるとき、あるブログ記事を思い出さずにおれませんでした。それは、常野雄次郎さんという方の「「永遠の嘘をついてくれ」――「美しい国」と「無法者」の華麗なデュエット 前編」という記事です。記事そのもののテーマとはほとんど無関係なのですが、その一節、
だから嘘を批判するには、ただ嘘が嘘であることを暴露するだけでは不十分である。嘘が嘘であることは、騙す者も騙される者も先刻承知なのかもしれないからだ。そのような場合は、真実を暴露する者はただ「空気の読めない痛い奴」として処理されるだろう。(中略)「永遠の嘘」の批判は、真実を暴露することではない。嘘に気づかないふりをする「お約束」が分析されなければならない。それは、「騙される」者、「無知」な者をも、「被害者」としてではなく「嘘」に参加する共犯者として捉えるということだ。
という部分が、頭の中にこだまするのです。

親たちの心配は、統計的事実の前には、まったく根拠のない杞憂でしかありません。そのことは、このブログで繰り返し述べてきました。当初私は、その事実を指摘すれば、誰も「いかのおすし」など唱えなくなるだろうと思いました。

けれど、実際にはそうではないようです。Scottish Daily Mail紙が指摘するとおり、親たちは決して無知でも愚かでもないのです。子どもが被害者になる事件の恐ろしい報道がまず現実に自分の身にはふりかからない極端な事例でしかないことを、親たちはよく知っています。そんな天文学的な確率の不幸に対して防備を整えるのが馬鹿げていることもよく知っています。知らないわけでも、愚鈍なわけでもありません。

そうではなく、そうやってありもしない脅威を信じることが、親にとって、何か都合のいい事情があるに違いないのです。そういう脅威があることを前提に、何かが成り立っていて、親自身がそこに寄りかかっているのではないかという疑念が浮かぶのです。

私自身が一人の親です。ですから、「親たちが...」と言うのであれば、まずは自分自身の心の中を探るべきです。

しかし、これほど難しい問題はありません。ここで躊躇してしまいます。世の中に、自分の心の闇ほど怖ろしいものはないからです。

「いかのおすし」の「永遠の嘘」、それはいったい何なのでしょう。これが喉に引っかかった魚の小骨のように、ここ数週間の私の気持ちを落ち着かないものにしています。
posted by 松本 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。