2009年11月01日

ハンドルネームから実名へ

このブログの管理人の名前、当初はハンドルネームとしてsquid(つまりイカです)を採用していたのですが、これを本名である「松本」に改めました。

ネットの世界は匿名性が高いとはいえ、調べればわかるので、実名、匿名にあまり意味はないと思っています。それでも最初に実名を使わなかったのは、ほとんど100%の人が賛同しているらしい「いかのおすし」に一人で異議を唱えるのがあまりにも狂気じみていると思ったからです。自分自身の論拠にも、自信がありませんでした。直観的、感覚的に「いかのおすしなんて嫌だ」と強く思っても、合理的な根拠には証拠もなければ賛同者もいなかったのです。

しかし、2ヶ月近くを書きつないできて、これは思ったよりも根の深い問題だし、合理的な根拠も必ずあると確信するようになりました。証拠らしい証拠は先に紹介したKulkofsky博士の論文や犯罪に関するいくつかの統計ぐらいです。けれど、証拠まではいかないものの合理性を示唆する資料は、ずいぶんと増えてきました。また、多くの人がどこかでうすうすそのおかしさに気づきながらはっきりと意識できていない状況も見えてきました。ここでより大きな声をあげる意味は大きいと思いました。

私個人には、「いかのおすし反対者」以外に多くの属性があります。そういった属性が、純粋に「いかのおすしはやめようよ」という声にバイアスをかけないかという心配もありました。しかし、そんな呑気なことを言っていていい状態ではなさそうです。むしろ、あらゆる属性を動員してでも、ここに取り組まねばならないような気がしてきました。

たかが「いかのおすし」、されど「いかのおすし」です。ここが、この国の未来を左右する一つの正念場ぐらいの気持ちにさえなってきます。

これが、今回の実名への変更の理由です。改めて、よろしくお願いします。
【関連する記事】
posted by 松本 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131785008

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。