2009年10月12日

備忘

きちんと記事に書く時間がないので、備忘のためだけ。

以前、「いかのおすしなんか生ぬるい」という意見の掲載された本を参考資料としてあげましたが、同じように「「いかのおすし」は、いまいちです」と、より厳しい「安全教育」を主張しているサイトが合ったのでメモしておきます。

よりよい生活の為のライフコーチングとコンサルタント

こちらでは、「誘拐犯からの安全脱出セミナー」をされているとか。子どもが被害者となる「誘拐」犯罪がどの程度の頻度で発生しているのか、その「誘拐」の内容はどうなのか(たとえば親権のない離婚親が子どもを連れ出しても「誘拐」です)、などを検討すれば、この「セミナー」がいったいなにを目指しているのか、非常に奇妙に感じます。が、それ以上の突っ込みは本日はなし。おそらくこういったセミナーの存在を奇異に感じない社会の方が異常なのでしょう。

もうひとつ、何か教育関係に関する意見を書いてあるブログなのですが、記事の内容はともかく、たったひとつ、大きく賛同できる一行があったのでメモ。

「いかのおすし」なんて子供に教えたら、まともな人間に育つとは思えないです・・・

なんとなく・・・

「まともな人間」という言い方はともかく、健全な成長に「いかのおすし」が非常に有害であるということは、このブログで繰り返し述べてきていること。またも「私一人じゃなかった」という気持ちで、少しほっとしました。
posted by 松本 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。