2009年09月21日

リアル「いかのおすし」

今日、近くの回転寿司に行ってきました。私、けっこう「いかのおすし」が好きなんですね。いえ、本当のイカをネタにしたおすしです。甘いコウイカも、歯ごたえのあるスルメイカも、ゲソをつけたヤリイカ姿なんかも、いつも必ず食べます。焼いたイカや煮たイカはそれほど好きでもないのに、どういうわけかお寿司は好きです。

ところが今日は、回っているイカがどれも干からびて見えて、結局手を出しませんでした。いえ、テカテカ光っているのもそれなりの処理をしてあるからだってわかっているので手を出し辛いのですが、その上に乾いてしまっているのはなおのこと...

こんなブログを書き始めてしまったから、リアルな「いかのおすし」にまで見限られてしまったのかもしれません。けれど、おかしいと思うことはおかしいって言わないと。もうちょっと、「いかのおすし」批判を続けることにしましょう。
posted by 松本 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128551613

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。